【印刷用レイアウト】

AQ SHIELDで木材の耐久化対策

共通メニュー
  • AQシールドで
木材の耐久化対策
  • コンクリート打ちっ放し再生
AQ工法
  • AQシールドで200年耐久の
建築物へ

人類にとって木材の使用頻度は多く建築、家具、船舶、楽器等用途は数えきれません。しかし、木材には退色しやすい、腐りやすい、燃えやすい等の欠点があります。しかし、AQシールドを使用することにより、木材の耐久化をはかる事ができます。

AQシールドで防腐処理

木材を腐りにくくするには一般的に防腐剤や保存剤を用いますが、環境への負担や人体への悪影響に配慮してクレオソート油等は使用しなくなっています。環境保全を考慮し、低毒性のものが開発・実用化されていますが防腐効果は無処理の場合の3〜4倍程度であり加圧処理が必要です。

誕生の背景
橋脚等は『AQシールド』で
防腐効果を発揮

これら問題に答えられるのが『AQシールド』です。建築物だけでなく、あらゆるものを環境を守りながら保護、耐久化する画期的な製品が『AQシールド』です。

木製品の食器・玩具等に塗布する場合は、食品衛生法や玩具安全基準に適合するように塗料を選定しなければなりません。

しかし、基準に適合している『AQシールド』を
使用することで選定に惑う事はありません。

Page Topへ

AQシールドで耐候性処理

木材は水分、紫外線、温度、汚染物質等にも弱いため木材を保護するには塗装処理を行う必要があります。塗装のタイプは大まかに、含浸型と造膜型に分けられ、有機系の含浸型塗料には防腐剤・防カビ剤等の薬剤が添加されて、塗膜を作りません。有機造膜系塗料は合成樹脂の各種があり用途に合わせて用います。優れたものがあるものの、塗膜剥離等が生じる場合があります。

誕生の背景
建築物は『AQシールド』で耐候性処理を行うことで
人体、環境にもやさしく耐久性をアップさせます。

合成樹脂塗料の再塗装メンテナンス(屋外用)
透明系含浸型塗料 1年位
半透明系含浸型塗料 2〜3年
着色系含浸型塗料 3〜4年
半透明系造膜型塗料 3〜4年
防腐処理剤処理+着色系造膜型塗料 5〜10年

これに対して『AQシールド』を使用すれば耐候性の効果は数倍以上になります。
防腐剤・防カビ剤等の薬剤が添加されておらず、
人体に悪影響がなく環境にも負荷がかかりません。

Page Topへ

AQシールドで防蟻処理

木材をシロアリからの食害から守るには、腐朽菌やシロアリの栄養源としないように薬剤処理を行うのが効果的です。人体に悪影響を及ぼす亜ヒ酸は使用しませんが殺虫剤を用いると健康への被害も懸念されます。

誕生の背景
シロアリの食害から守るには
『AQシールド』が安心、安全です

『AQシールド』は殺虫剤など
危険な薬剤を使用しないで
防蟻効果があります。
また木材のもつ欠点を補い
複合的に改善できます。

木材に対するAQシールド施工の特徴

耐候性の向上

防腐化

灰色化した木材の改質

防虫・防蟻

防カビ・防藻

木材のひび割れ防止、寸法の安定性

一度に木材への腐敗、耐水、防蟻、難燃化等の処理を多数行うことは困難でしたが、1つの処理でこれだけ複数の効果を発揮できるのは、主成分が珪素(ガラス成分シリカ)の『AQシールド』だけです。

Page Topへ

PAINT

  • 東京都中央区銀座五丁目6-12
  • MIYUKI BLDG.7F
  • TEL 03-6311-7674
  • FAX 03-6311-7675